房総ぶらり旅

房総ぶらり旅

週末を利用して、息子2人を連れて房総を車でぶらぶらしてきました。

一泊二日、寝袋を積んで計画も立てずに釣り道具と投網を持って(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コールマン コージー/C5 (レッド) (2000032340) キャンプ シュラフ 寝袋 寝ぶくろ Coleman
価格:4114円(税込、送料別) (2018/12/6時点)

楽天で購入

 

 

最近九十九里方面ばかりでしたので、内房から海岸線を走ります。

 



上総湊港 海浜公園

いつもは素通りしている海浜公園にトイレ休憩を兼ねて立ち寄ってみました。

駐車場から細道を通って・・・

海です。

ただ、海だけです(笑)

HPはこちら 上総湊港 海浜公園

 

竹岡漁港脇の白狐川

上の写真の鳥居の向こうまでいけるはずなんですが、かかっている橋が残念ながら通行禁止になっていました。

 

以前来た時は渡れたのに、老朽化でしょうか。

残念!

 

こどもらは何やら絵を描いて遊んでいました。

川に魚の群れがいましたので、(ボラだろうなぁと思いつつも)網を投げてみたところボラが七匹も入りました。

東京湾奥のボラは絶対に食べようと思いませんが、ここまで南に降りてくれば水もキレイなので十分お刺身で楽しめるサイズのボラでしたが帰宅が翌日のためリリースしました。

 

写真もとらず・・・ボラの扱いがだんだん雑になっています(笑)

 

ここはハゼが釣れるポイントのようですが、目の粗い網でしたのでハゼは入りませんでしたね。

 

かなやのドライブイン 「漁師料理かなや」

ここは人気のドライブインで、遊びに行く時に立ち寄ることが多いです。

(帰りは子どもたちは熟睡のため素通り多し)

 



足湯に浸り、裏側の磯をちょっと散歩。

久しぶりの磯でした。

そのまま南下、観光スポットの鋸山はロープウェイの駐車場に入る車の列ができていました。

いつか行くぞと思いながら今回も素通り・・・。

混んでいる観光スポットは苦手です(^_^;)

原岡桟橋

この桟橋から網を投げようと思って立ち寄りました。

が、バンドのプロモーションビデオの撮影をするとのことで残念ながら断念しました。

桟橋で演奏をして、それをドローンで撮影するというやり方。

時代は変わりましたね。

多田良北浜海岸キャンプ場

夏の間だけキャンプ場になる場所で、良く遊びに来ました。

河口で何回か網を投げましたが何も入らず(+_+)

子どもたちはチャンバラに使う棒探し。

いつでもどこでも棒や遊べるもの(ゴミ)を探しています(笑)

 

ちょっと先にある富浦新港をのぞいたら、カマスがたくさん釣れていました。

釣り人が多くて、3人分の場所が無かったので釣りはしないで後にしました。

 

多田良西浜海水浴場

富浦新港とは違い、釣り人は3名と閑散としていました。

堤防の先で釣りをしていた2人のオッチャンが結構本気の言い争いをしていました(+o+)

子どもたちと苦笑いをしながらフェードアウト・・・。

 

館山砂揚場

三男が眠そうにしていたので、車を横付けして釣りができる館山砂揚場に行きました。

ここは人気の釣り場なので三連休の中日にどうかなぁと思いましたが、夕方ということもあり何とか1ヶ所竿を出すことが出来ました。

 



釣果は・・・次男のサッパ1匹(>_<)

そのサッパを餌に大物を狙うも反応がなく、真っ暗になったので1時間ほどで終了。

そして、車中泊の場所を求めてさらに房総半島の南へ行くか、戻りながら違う場所へ行くかで、結局勝浦の興津公園に行くことに。

 

和田浦海岸(立ち寄りませんでしたが)


この動画を子どもたちと見たことがあったので、ここにも立ち寄ってサメを捕まえたかったんですが夜になってしまいましたし、車中泊地の関係で今回はサメはあきらめました。

興津港

興津港海浜公園は車中泊ポイントなので他にも何台も止まっていて、我々もそこでと思っていましたが、早朝から釣りをしようと興津港にそのまま入って行きました。

そして目が覚めたら釣り、まだ寝たい人はそのまま寝るということで話がまとまりました。

朝、息子がもぞもぞしだして、

「空が明るくなってきたよ。釣りする?」

と言うので、もう少し寝たい気持ちを抑えて釣り開始。

そして、仕掛けを入れたらすぐに始まったウルメイワシの爆釣モード!!

まだ寝ている下の子に声をかけたらさっそく参戦!

動画はこちら

持ち帰ったのをかぞえたら99匹でした。

おし~!

ネコに5~6匹、トンビに2匹あげたから、1時間半ほどで100匹以上釣れたことになります。

サビキ釣りは初心者にも簡単に釣れますので、おすすめです。

このセットと

餌があればすぐに釣れます。

このアミ姫は常温保管可能で、さらに蓋がついているので毎回使い切る必要がなくとっても重宝しています。

ただし割高なので、長い時間やる時は近くの釣具屋で冷凍アミを購入した方がいいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マルキュー アミ姫 600g (サビキ釣り 堤防釣り 配合エサ ウエットタイプ)
価格:475円(税込、送料別) (2018/12/6時点)

楽天で購入

 

 

守谷海水浴場

朝食は守谷海岸の素敵な風景を見ながら。

綺麗な砂浜です。

 

尾名浦でウツボを狙う

大型の針に秋刀魚の切り身をつけて待つと、すぐにうねうねとうとウツボがやってきて食らいつきました。

 

穴の中に餌を引きずり込もうとします。

そうはさせじと引っ張ります。

あ~ 針がかかっていなかったようで餌が空に飛んでいきます(笑)

その後しばらくやりましたが、もう来ませんでした・・・くっ。

息子は餌釣りでハゼを釣って遊んでいました。

 



太東漁港


最後に投網を出来る漁港にやって来ました。
ウツボを釣り損ねたので、ここで獲物をとらないとクーラーボックスの中はウルメイワシのみ、これでは家で待っている奥さんと長男にあわす顔がありません(@_@)

右側の堤防途中が釣り客がいなかったのでそこで打ちました。

2投目だったかな、入りました(*^^)v

クロダイの子どもかと思いましたが、家に帰って調べてみるとキチヌ(キビレ)という魚でした。見た目はほぼクロダイですけど。

 

さっそく家に帰ってお刺身でおタダ来ました。

美味かったっす!

 

ウルメイワシはみりん漬けにして少しずつ食べています。

 

太東ではクサフグも入りましたが、リリース。

ところが、地元の投網師さんたちは、クサフグをせっせと捌いているんですよね。

食べるらしいです。

しかも刺身で!

えぇ~っと思って変えて調べたら、結構食べている人が多いんですね。

次回、大きいのが取れたら試してみようと思います。

毒があるので自己責任で。


 

 

雑記カテゴリの最新記事